育毛剤

分類から判断すれば

最近では女性も薄毛などの髪のコンプレックスを抱えるケースも増加しているため、女性用の育毛剤も市販されるようになってきています。しかもそのバリエーションは豊富であり、女性用に絞って探してみても、その数の多さに選ぶこともなかなか大変です。

そんな女性用の育毛剤ですが、大まかに分類すると医薬品と医薬部外品、化粧品の三つの種類に分類することが可能です。医薬品についてはその名の通りに薬であるため、治療が必要とされる際に利用されるものであり、効果は高い傾向にありますが、副作用のリスクなどもあります。それゆえに重症の場合のみに使用することが一般的であり、使用する場合は医師や薬剤師といった専門家の判断が必要となることが基本です。一方の医薬部外品については、薬ではありませんがそれなりの効果が見込めるものとして認められており、育毛や発毛に効果的な成分が含まれています。

そして化粧品に関しては、育毛や発毛に効果的な成分は含まれていないケースが一般的で、保湿などによって頭皮の改善を促すといったものであり、医薬品および医薬部外品の表記がない育毛剤については、化粧品であることがほとんどです。このような分類による特徴を踏まえた上で、育毛剤を選ぶ際にはどれが良いのか判断するとなると、やはり一番安全かつ安心なものは医薬部外品です。そして長く使用し続けるものであるために、香りや使い心地が好みのものを選ぶようにしましょう。ちなみに医薬品を個人輸入で医師の処方箋無しで購入することも可能ですが、海外製だと日本では認められていない成分などが含まれているリスクもあるため、避けた方が無難です。

 

抜け毛を防ぐ商品

男性と女性では、体の作りが違います。それと同じように、薄毛の原因も男性と女性とでは違います。そのため、抜け毛予防のために使用する育毛剤も、男性用と女性用に分けられているものが多いです。男性用育毛剤は、AGA対策のために作られています。AGAとは前頭部や後頭部の抜け毛で、抜け毛を増やす男性ホルモンが遺伝して発生します。

それに対し、女性の場合は、ホルモンの減少、ストレス、カラーリングやパーマ液、白髪染めなど、様々な原因で薄毛になります。ただ、男性とは違い、女性に薄毛は遺伝しないので、遺伝的にハゲになる事はないです。そのため、適切なケアをしていれば薄毛は治せます。そのためにあるのが、女性用の育毛剤です。基本的に、更年期の女性がなりやすい薄毛のことを考えた育毛成分で構成されています。例えば女性は男性よりも肌が乾燥しやすい傾向があります。そのため、乾燥を予防するための保湿成分が配合されています。

また、更年期になって卵胞ホルモンが少なくなると、血管が縮まり冷え性になりやすくなります。冷え性になると頭皮の血行が悪くなり、抜け毛の原因になります。女性用育毛剤には、血行を良くするための成分が多めに配合されています。頭皮の血行が良くなることで、抜け毛が減り、薄毛が改善されます。また、女性ホルモンにアプローチする成分を配合している育毛剤も沢山あります。頭皮に塗るだけで、乱れたホルモンバランスを整えることができます。

おすすめの記事