味に変化をつけよう

酵素ドリンク

多数の種類の酵素ドリンクがありますので、プチ断食用と普段飲むように分けておくと、飽きずに飲める可能性が高いでしょう。というのも、普段飲むものとプチ断食用の場合の違いとして、味があるからです。 普段飲むものに関しては既に安心できる味として、毎日継続している人も少なくありません。
しかし、プチ断食の時にはたとえ1日であっても、同じものをたくさん取り入れることは苦痛という方もいます。 そのため、プチ断食用だけ味を違うものにしておき、栄養成分だけではなく様々な健康効果を期待するべきです。
酵素ドリンクでプチ断食によるダイエットをする時には、普段のものよりも味に変化をつけることで1日や2日間でも継続しやすいといいます。

酵素ドリンクは非常に質の高い酵素を多数含んでいる成分として、多くの人に信頼されています。
しかし、取り入れるときに気をつけたほうがいいこととして、飲み合わせに注意することです。 たとえば、酵素ドリンクを飲んでいるときに、糖尿病対策の薬を飲んでいる場合には、大問題となります。ドリンク内に糖分が多数含有されているからです。
様々な甘味成分が配合されているので、糖尿病を患っている方は飲むのを避けましょう。 また、通常の人でもあまりたくさん一度に飲みすぎない、毎日適量に飲むことをお勧めいたします。
過剰にとっても酵素の効果は発揮できないこと、また、甘いものをたくさん食べると太るのと同様、ドリンクを飲んでダイエットを検討している方にとって取りすぎは酷な結果になるといわれています。

女性の悩みの一つ

お腹を押さえる女性

女性は特に便秘になりやすいです。便秘に悩んでる人も多く、様々な便秘解消法を実践しています。
しかし、なかなか解消されないケースが多いのも事実です。 便秘とお茶には深い関係があります。 便秘には水分補給が一番大切です。腸の中に蓄積されている便を、水分を取る事で押し出す事ができます。 積極的に水分を取る事により、腸の中の老廃物を出す事が重要になります。
お茶にはカフェインが豊富に含まれています。 カフェインによって腸が刺激されて、活発に動きます。活発化する事により腸の働きをスムーズにしてくれます。
また、お茶の中でもカテキンが含まれている物を摂取すると効果的です。 腸内が便で詰まっていると悪玉菌が沢山います。カテキンは悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれる作用があります。

お茶の飲み方を工夫する事で、更に効果が得られます。 まず、常温で飲む事が大事です。冷たいお茶は腸内環境を悪くしてしまう原因です。
夏でもなるべく常温のお茶を飲むように心掛ける事が大切です。 また、お茶は一気に飲まずに、少量を時間をかけて飲むと効果があります。そうする事により、腸に適度に刺激を与え、働きが正常になります。 また、食物繊維が沢山含んでいるお茶を飲むと効果的です。
水溶性食物繊維が配合されている物は大変効果があります。 また、ビタミンCが配合されているお茶も効果的です。 ビタミンCには善玉菌を増やすことができる成分が配合されています。 また、マグネシウムが配合されているお茶も効果が期待できます。
マグネシウムは便を柔らかくする作用があります。便を柔らかくすることで腸の動きも良くなります。

おすすめの記事